免許の更新情報

2013月09月26日 5年ぶりの免許の更新
5年ぶりの更新だけど前回と変わらないよな~と思い居ながらcoseviにいったら、無料駐車場がなくなってました。
さらに受付で、データーが古いからどっかに行って来いと住所の紙を渡されました。

何を言われたか正確にわからなかったので、後日友人に調べてもらったらDIRECCION GENERAL DE EDUCACION VIALという所に外国人は住所や電話の登録の更新に行って書類をもらってこなければならないそうです。
場所は平和公園の裏側で免許の技能検査場らしいです。
DIRECCION GENERAL DE EDUCACION VIALで検索したら地図で出てきます。






そこに行くと入口の警備員に部屋を指示されます。
国籍によって部屋が違うようです。
私は木曜日のAM8:00頃着いたのですが、並んでいたのは一人だけだったので、私の番になり住所や電話など基本情報を聞かれて10分ほどで全て終わりました。
それでこんなのを渡されます。
友人の話だと、外国人は定住地がなく、頻繁に住所や電話が変わることが多いのでこのような更新をさせるそうです。


これと下記のものを揃えてcoseviに行くと、無事に免許の更新ができました。
前回の免許更新の時に血液型の検査をして免許証に記載されているので血液型の証明書は必要ありません。

 ・運転免許証
 ・Ceduraかパスポート
 ・銀行で支払った免許更新の領収証(5000colones)
 ・運転免許証のための医療証明書(18000colones)

しかし医療証明書が18000colonesと高額になっているのと、私が検査したところは検査情報が直接netで送られて小さな紙を渡されるだけだったので最初は不安でした。
検査情報は半年有効だそうです。


COSEVI情報
営業時間 am7:00~pm2:45
am9:20に入場した時点で24人並んでいましたが自分の番になるまでam9:45、書類を渡して写真を撮り、免許が発行されるまで3分、書類が揃ってさえいればcosevi自体は30分かかりませんでした。



2008月10月11日 免許の更新

場所も手続きも全部変わっていました。
私の場合、費用は全部で25000colones,所用時間は銀行とDictamen Medicoとcoseviを行き来して
約2時間かかりました。

必要な物
 ・運転免許証
 ・Ceduraかパスポート
 ・公的機関で取得した血液型の証明書
 ・運転免許証のための医療証明書


最初にBCR(Banco de Cosa Rica)で免許証とCeduraかパスポートを見せてお金を払います。
免許の更新料は5年間で10000colonesです。
どこのBanco de Cosa Ricaでも良いのですが通常はam11:00からのBancoが多いのでcoseviから空港に向かった所にあるam8:00~pm4:00まで空いているBanco de Cosa Ricaに行きました。

BCR前の駐車場は4台ほどしか駐車できないので角を右に曲がった奥に大きな駐車場があります。
(地図の黄色いところ)


中に入ると右側に免許の更新の窓口があります。
窓口にデジタルカメラがついています。
国民(コスタリカ人)の場合は医療証明書さえあれば全部ここで済ませて免許を発行してくれるそうですが、外国人はcoseviに行かなければならないそうです。
免許証を渡すと過去の違反歴が調べられます。
払っていない罰金があればこの時一緒に払います。
と、いうことで外国人の私は更新料1万コロンを払って領収書をもらい、出てきました。

Cosevi近くのDictamen Medico

coseviの近くに医療証明書を発行してくれるところ(Dictamen Medico)があるそうなのでcoseviに行きました。
coseviはMercedes-Benzの斜め向かいにあります。
coseviの前も5台くらいしか駐車スペースがないので常に車が一杯です。
警備員に斜め向かいの道に路上駐車しろと言われたのでそこに駐車しました。(地図の黄色いところ)
一応そこには車を監視する人が何人かいて、そのうちの一人がDictamen Medicoまで案内してくれました。

Dictamen MedicoはHAMBURGER FACTORYの並びの建物にありました。



Dictamen Medicoから出たところ、HAMBURGER FACTORYが見えます。


入って最初に受付に行きます。
免許の更新だと告げると「公的機関で取得した血液型の証明書はあるか」と聞かれます。
私はなかったのでここで採血して調べてもらいました。
運転免許証のための医療証明書が10000colonesで血液検査が5000colonesです。


ここで採血します。


血液検査ではこんなのをもらいます。


右側の部屋で医療診断を行います。
ほとんど口頭質問だけで検査は視力と血圧だけでした。

Cosevi

やっと最後にcoseviです。

この建物かと思ったら実は違って…


左側の門の隙間から入っていきます。
この門は会社専用の車両しか入れません。


ひたすら奥へと入っていきます。


右側に建物がなくなるまでずっと歩いていきます。


建物がなくなって右に曲がるとやっと入り口です。


入り口で必要書類の提示を求められます。
書類が揃っていたら整理番号をもらって中で待ちます。


必要書類は上から
 ・運転免許証
 ・BCRの領収書
 ・血液型の証明書
 ・運転免許証のための医療証明書


中はこんな感じです。
真ん中で赤く光っているのが整理券の呼び出し番号で、右側で書類を提出して手続きをします。
手続きが終わると左側で写真の撮影をして免許証ができるのを待ちます。


モニターの後ろ側にカメラとサインを記録する機械があります。
赤く光っているのは指紋を採取する機械です。
撮影が終わって5分ほど待つと免許証がでてきます。

更新情報
PCパーツは新旧の移り変わりが早いので、その都度部品を調べてお客様のご要望に応じたPCをカスタマイズいたします。また、中古部品を使用して安く作ることもできます。
まずは、ご連絡ください。

日本大使館から免許の更新についての情報をいただきました。

Coseviには大きな駐車場がありましたが、今は使用できません。
近辺にいくつか駐車場があるのでそれを利用するしかないようです。

10000コロンのデポジットは、免許センターでCoseviの隣にあるバンコ・ナショナルを勧められたので、長い列を作って払ったところ、10450コロンかかりました。聞くと、BCRで払えば10000コロンだが、BNで払うと提携していないため、コミッションとしてさらに450コロンかかるとのことでした。

健康診断書は、現在18,000colonesします。

血液型に関しては、女性の場合、子どもの健康手帳(出産の際に病院でくれる手帳で、予防接種などを書き込んでいくもの)に母親の血液型が書いてあるので、それを見せて診断書に記入してもらえば血液検査はパスできます。ただし、田中さんの行ったところだと、血液検査が出来るようになっているので、もうけるために検査を勧められるでしょう。Coseviの入り口でたむろしている者に、血液型証明書を添付しないといけないと言われますが、そんなことはありません。
(血液型を証明できる何らかの証明書があれば良いようです。)