SONYに行ってきました

※この記事はかなり前の情報で、今は場所も変わり、日本食品もほとんどないそうです。

前々から日本食品の品揃えが良いと聞いていたのだが場所がはっきりわからず今まで行けないでいました。
地図で大体見当をつけていたのですが思うように適当な駐車場を探せずとんでもないところに駐車して
10分位歩いて探す羽目になりました。
で、ついてみると目立たなくて成る程わかりにくい…初めて行く人はちょっとわかりずらいですね。


それで女将にwebに載せると言うことで特別に写真を撮らせてもらいました。
普段は撮影厳禁ですので撮影しないでくださいね。
カウンターはこんな感じ…レジのにはお餅とヨウカンが売ってます。


上の段にはサッポロ、キリン、asahi、黒生といった日本のビールが…下には豆腐(¢750)がありますね。
冷凍枝豆もありましたよ。


上から饅頭、かまぼこ、トビッコ、まさご、うどん、なると、もち、納豆、ししゃもまであります。
そして下の黄色い枠はなんと冷凍生ラーメンです。
コスタリカでは生ラーメンは食べられないとあきらめていましたが、ついに食べられる日が来たのか、
と感動もつかの間、手に取ってみると2食入り¢4200!!
一家族分買ったら¢12600!!
それだったらケンタッキーで腹一杯食べてもまだ余ります。
手に取ったラーメンはそっと元の場所へ戻しておきました。


インスタントラーメンは他のスーパーでも売っていますが焼きそば(¢650)は少ないかな


私は出前一丁の豚骨味が好きです。


奥の方に行くと鰹節、煮干し、ガリ、梅干し、桜でんぶ、たくあん、味噌、下の方はニラと大根ですね。


大根の隣は食器類です。
ここで長年探し求めた砥石を発見!うれしかったです(¢950)
コスタリカの包丁は安くてなまくらですぐに切れなくなるんですよね。
欲を言えば仕上げようのなめらかな奴もあれば良かったのですがさすがにそこまではなかった。
日本からのおみやげによく切れる包丁とか上物の砥石は喜ばれると思いますよ。
コスタリカにあまりないです。妻は今まで茶碗のお尻で研いでましたから。


粉わさび、ひじき、わかめ、昆布…上はお酒ですね


上から小倉あん、白ごま、ふりかけ、さば缶、サンマ缶、イワシ缶、カレー粉ですが、
びんのふりかけは少々お待ちください。
うちの子供たちは「ふりかけ大好きっ子」なのですが、いつも日本から送ってもらうわけにも行かず
子供たちもせがむのでこの前ついに買ってみたんです。
しかし、「えっ、このふりかけってもしかして外人向け?」と思うような味でした。
いくつか種類があるので私が買ったのだけまずかったのかもしれませんが
それ以来コスタリカのふりかけには手を出していません。チャレンジ精神のある方はどうぞ。


後はそばにうどん、豆腐、醤油、のりと言ったところでしょうか。


最後に忘れちゃいけないのがカレーにシチューですね。
下には七味唐辛子とラー油、練り梅があります。
カレーのルーは手にはいるのですがコスタリカで買えるのはゴールデンカレーとこくまろと、とろけるだけなんですよね。
私はジャワカレーの中辛が好きなんだけど、こくまろもゴールデンも辛くないっ。辛いカレーが食べたいのに…。



コスタリカで食べられないものは何でしょうか?
以前私の友達におまえもコスタリカに移住しろよと誘ったら「僕は味噌汁が飲めないと生きていけないんです。」言われました。
それではコスタリカで食べられないものは何でしょうか?

魚介類が豊富じゃないのとこちらの人は生では食べないですね。
日本食レストランが結構あるのでそこで食べることもできますが、
PRICE SMARTに刺身セットが売ってますので冷凍物を入れると
サーモン、マグロ、マス、鯛、イカ、の刺身は食べられます。
それ以外で生はちょっと難しいですね。

あと食べられないのは、生牡蠣、うに、たらこ、ちくわ、塩から、おいしい缶コーヒー、柿、栗、そう栗がないんですよ栗、茶碗蒸しの主役がいない、マロンケーキも食べられないんです。

一応食べられるけれども日本から比べると激高で引いてしまうものもあります。
先ほどの生ラーメンのように…
SONYでさば缶1個買いましたが日本じゃ\100でもこちらは1個¢1600(\375)
日本じゃおかずがない時の常備品がここではもはや高級品です。
くぅ~出世したなぁ~お前ら、

あとはみりんも高いです。

日本にいた頃は缶コーヒーとアイスコーヒーが大好きでした。
しかしコーヒーの国コスタリカには二つともほとんどありません。
なんでかというと、まずいから飲まないのだそうです。
ここに2種類置いてあったので飲んでみました。
これはインスタントコーヒーをそのまま缶に入れたという感じ…


SONY
住所:Calle 5, Av 8 - 10
無休